Podcast

NIHONGO+M Eps04:処方せんってなに?

NIHONGO+M

みなさん、こんばんは!

パーソナリティのともこです。

このポッドキャストでは、病院びょういん言葉ことば日本にほんんでいる外国人がいこくじんのみなさんにいまってほしいことをはなします。

スクリプトもあります。

リンクをてくださいね。

はい!今日きょうのエピソードは、「処方しょほうせんってなに?」です。

処方しょほうせん?なにそれ?とらないひともいるかもしれませんね。

たとえば、風邪かぜをひいて病院びょういんったとき、先生せんせいが「くすりします。ちゃんとんでくださいね」とったとします。

そのあとおかねはらったときに、領収書りょうしゅうしょ処方しょほうせんをもらいます。

領収書りょうしゅうしょは、レシートともいます。いくらかかったかがいてあります。

処方しょほうせんには、保険証ほけんしょう情報じょうほうやあなたの名前なまえ性別せいべつ誕生日たんじょうび病院びょういん名前なまえ医者いしゃ名前なまえ病院びょういん電話番号でんわばんごう、それから、くすり名前なまえいてあります。

 

わたし日本語教師にほんごきょうしなのですが、ほか先生せんせいから、こんなはなしいたことがあるんです。

留学生りゅうがくせいがケガをして病院びょういんったとはなしていました。

何日なんにちかして、先生せんせい留学生りゅうがくせいからけががなおらないと相談そうだんけてました。

病院びょういんでもらったものをたしかめると、処方しょほうせんが領収書りょうしゅうしょ一緒いっしょにあったんです。

この留学生りゅうがくせいは、くすりはもらえなかったとおもっていたようですが、実際じっさいは、くすりをもらうための処方しょほうせんを病院びょういん留学生りゅうがくせいにわたしていたのです。

留学生りゅうがくせい処方しょほうせんをらなくて、さらに、”処方しょほうせんをもらったら、薬屋くすりやって、くすりう”こともりませんでした。

だから、ずっとけががよくならなかったのです。

病気びょうきやけががなおらないと、とてもつらいですよね。

このはなしいたとき処方しょほうせんのことをらないこともあるんだなとおもいました。

だから、今回こんかいのエピソードでみなさんに紹介しょうかいしたいとおもったんです。

みなさん、処方しょほうせんをもらったときは、薬屋くすりやに行ってくすりってくださいね。

スクリプトにわたし息子むすこ処方しょほうせんの写真しゃしんれておきますので、おぼえてくださいね。

写真しゃしん処方しょほうせんは青色あおいろですが、白色しろいろほかいろもあるかもしれません。

処方しょほうせんには、あなたに必要ひつようくすりいてありますから、くすりんではや元気げんきになりましょう。

そうだ!

日本にほん処方しょほうせんには1つ約束やくそくがあります。

それは、処方しょほうせんをもらったから4日よっか以内いない薬屋くすりやってくすりわなくてはいけないということです。

5日以上いつかいじょうってしまったら、くすり薬屋くすりやうことができなくなります。

処方しょほうせんをもらったらできるだけはやいにってくださいね。

スクリプトのイラストの「処方しょほうせんの期限きげん」をてください。ここにいつまでにくすりわないといけないかいてありますよ。

あと、わたし薬屋くすりやっていますが、処方しょほうせんのくすりえるのは「薬局やっきょく」という薬屋くすりやです。

マツモトキヨシのようなドラッグストアでも処方しょほうせんのくすりえるみせがあります。

もしうことができるかわからなかったら、みせひとに「このかみくすりえますか?」といてみましょう。

薬局やっきょく場所ばしょ病院びょういんでもいくつかおしえてもらうことができますから、病院びょういん相談そうだんするのもいいですよ。

そうそう。日本語にほんごでは、くすりは「む」という言葉ことば使つかうことがおおいです。

中国語ちゅうごくごは「べる」という言葉ことばくすりという言葉ことば一緒いっしょ使つかうときました。

みなさんの言語げんごではどうですか?

くすりを「べます」といますか?

みます」を使つかいますか?

もしよかったらおしえてくださいね。

あとは、そうですね。

薬局やっきょくくと「ジェネリックにしますか?どうしますか?」と質問しつもんされることがあります。

ジェネリック医薬品いやくひんのことを、みじかくして「ジェネリック」と呼んでいます。医薬品いやくひんは「くすり」という意味いみ使つかわれています。

なぜ薬屋くすりやひとみなさんに質問しつもんするのかというと、ジェネリックにするかどうかで、はらうおかねやすくなるかがわるからです。

日本にほんくすりには、2つ種類しゅるいがあります。

先発医薬品せんぱついやくひんとジェネリック医薬品いやくひんです。

先発医薬品せんぱついやくひんは、くすりつくかたつけたひとだけがつくれるくすりです。

くすりつくかたは、「特許とっきょ」というルールにまもられています。

このルールがあるときは、くすりつくかたるためにたくさんのおかねはらわなければなりません。

でも、特許とっきょなが時間じかんつと、効果こうかがなくなります。

くすりの作つくかたをおかねはらわなくてもることができるようになるんです。

ジェネリック医薬品いやくひんは、先発医薬品せんぱついやくひんおなつくかたつくったくすりです。

このくすり特許とっきょがなくなってからつくられました。

だから、ジェネリック医薬品いやくひんのほうがやすいのです。

 

いまみなさんはむずかしいなぁとおもっていますよね。

じつは、ジェネリックのことをらない日本人にほんじんもたくさんいるんです。

とてもむずかしいので、みなさんにつたえたほうがいいかなやみましたが、おかねやすくなるかもしれないので、はなしたいとおもいました。

参考さんこうになればとてもうれしいです。

わたしは、自分じぶんくすりはジェネリックにしてくださいとつたえています。

ジェネリックがないくすりもありますから、いつもやすくなるわけじゃありませんがとてもたすかっています。

スクリプトには日本語にほんご英語えいご、それからイラストもあるので、チェックしてくださいね。

今日きょうのエピソード「処方しょほうせんってなに?」はこれでわりです。

ここまでいてくれたみなさん、ありがとうございました。

なに病院びょういんのことでりたいことがあったらぜひおしえてくださいね。

それでは、またNIHONGO+Mでいましょう!

よいよるごしてくださいね。

パーソナリティのともこでした!

おやすみなさい🌟

<English>
NIHONGO+M
Eps04: What is a prescription?

NIHONGO+M
Good evening, everyone! This is Tomoko, the personality.
In this podcast, I’m going to talk about the language of hospitals and what I want foreigners living in Japan to know now.
There is also a script. Please check out the link.

Today’s episode is called “What’s a Prescription? “.

Prescription? What is that? Some of you may not know what a prescription is.

For example, when you go to the hospital with a cold, the doctor says, “I will give you some medicine. Please take it properly. After that, when you pay for the medicine, you will receive a receipt and a prescription.
The RYOSHUSHO is also called a receipt. It shows how much you spent.
The prescription will have your insurance card information, your name, gender, the name of the hospital, the doctor’s name, phone number, and the name of the medicine.

I am a Japanese language teacher, and I have heard this story from another teacher.

An international student told me that he had been injured and had gone to the hospital.
After a few days, the doctor was consulted by the foreign student that his injury was not healing. When he checked what he got at the hospital, he found a prescription along with the receipt.

The foreign student thought he did not get any medicine, but in fact, the hospital had given him a prescription to get medicine.

“I didn’t get better for a long time because I didn’t know that when you get a prescription, you go to the pharmacy and buy the medicine. It’s very painful when an illness or injury doesn’t go away.

Ladies and gentlemen, when you get a prescription, please go to the pharmacy and buy your medicine.
I’ll include a picture of my son’s prescription in the script so you can remember it by sight. The prescription in the picture is blue, but it may be white or some other color.
The prescription will contain the medicine you need, so take the medicine and get well soon.

Japanese prescriptions come with one promise: you must go to the pharmacy within four days of receiving the prescription.
If more than five days have passed, you will not be able to buy the medicine at the drugstore. If it’s been more than five days, you won’t be able to buy the medicine at the drugstore, so go buy it as soon as possible after you get the prescription.
Look at the “Prescription Due Date” in the script illustration. It says here when you have to buy the medicine by.

Also, although I call them pharmacies, it is the “pharmacies” that can buy prescription drugs. Some drugstores, like Matsumotokiyoshi, can also buy prescription medicines.
If you are not sure if you can buy it, ask the person at the store, “Can I buy this paper medicine? ” If you are not sure if you can buy it, ask the person at the store, “Can I buy this paper medicine?”.
The hospital can also tell you where some pharmacies are located, so it’s a good idea to ask the hospital for advice.

Oh yeah. In Japanese, we often use the word “drink” for medicine.
I heard that in Chinese, the word “eat” is used together with the word “medicine.
How about in your language? Do you say “I will eat” the medicine? Do you say “eat” the medicine, or do you use “drink”?

Also, yes.
When I go to the pharmacy, they ask me, “Do you want to go generic? What do you want to do? You may be asked “What do you want?

Generic drugs are called “generics” for short. Pharmaceutical is used to mean “medicine”.
The reason why the pharmacists ask you questions is because the price you pay depends on whether you want to go generic or not.

There are two types of drugs in Japan. They are brand-name drugs and generic drugs.
Original medicines are medicines that can only be made by people who have found a way to make them. The way the medicine is made is protected by a rule called “patent”. When this rule is in place, you have to pay a lot of money to see how the medicine is made. But patents become ineffective after a long time. You don’t have to pay to see how a drug is made.
Generic drugs are made in the same way as the original drug. This medicine was made after the patent was lost. That is why generic drugs are cheaper.

…Now you are all thinking that it is difficult, aren’t you?
Actually, there are many Japanese people who don’t know about generics. I was wondering if I should tell you guys about it because it is very difficult, but I wanted to talk about it because it might save you some money. I’d be very happy if it helps you.
I tell them that I want my medication to be generic. Some medicines are not available in generic form, so it is not always cheaper, but it is very helpful.

The script is in Japanese and English, and there are illustrations, so please check it out.

Today’s episode of “What’s a Prescription? is now over.
Thank you to everyone who has listened so far.

If there’s anything you want to know about hospitals, please let me know.

I’ll see you at NIHONGO+M!
Have a great night!

This is our personality, Tomoko!
Good night 🌟.