ことばとデザインで
コミュニケーションをもっとスムーズに

 やさしいコミュニケーション協会のミッションは、コミュニケーションをことばとデザインでもっとスムーズにすることです。

 日本で暮らす外国人とのコミュニケーションを取る時英語を使わなければならないと考える人もいらっしゃると思います。実は日本語も使うことができます。それが、「やさしい日本語」です。
 「やさしい日本語」は日本語を学ぶ人にとってわかりやすい言葉です。この「やさしい日本語」は外国人とのコミュニケーションをスムーズにするために生まれた言葉ですが、わかりやすい言葉なので日本人同士のコミュニケーションにも役立ちます。

 ほかにも「やさしい英語」などコミュニケーションをスムーズにするためのことばはありますが、やさしいコミュニケーション協会では、「やさしい日本語」と「やさしい英語」を主に扱い、みなさまの身近にいらっしゃる大切な人とのコミュニケーションをよりスムーズに、豊かなものにしていただけたらと思っております。

 デザインについて、みなさんは、わかりやすい図解やポスターを見たとき、「ああ!そういうことだったのか!」「とても分かりやすい!」と感じたことはありませんか。逆に、全て同じ大きさの文字がただただ羅列してあるポスターやプレゼンテーションを見たとき、「どこが大事なのかわからない」「今どこを話しているのかわからない」と読む気はもちろん聞く気まで失せてしまったことはありませんか。

 視覚的にわかりやすいデザインは、ことば以上の情報を見ている人に届けることができます。

 わかりやすいことばとデザインでコミュニケーションをもっとスムーズにしていくことで、お互いの思いを理解しあうこと、目の前の大切な人とより豊かな時間を過ごしていただくことをやさしいコミュニケーション協会は目指してまいります。

    

協会概要

名称一般社団法人やさしいコミュニケーション協会
英語名:Easy and Smooth Communication Association
設立2019年5月
役員代表理事  黒田 友子
     (bloom your wish 代表/やさしい日本語アドバイザー)
HPhttps://yasacommu.or.jp
所在地

シンボルマーク

シンボルマークは、情報を発信するという意味のある”黄色”と情報を受信するという意味のある”オレンジ”を使って、発信者と受信者がコミュニケーションを通してお互いの思いを伝え理解しあう様子を色が混ざり合っていくようなグラデーションで表現しています。

Designer:saya

         

やさしい日本語(医療)サポーター養成講座の
修了バッジ

やさしい日本語(医療)サポーター養成講座修了バッジ

修了バッジについて

このバッジは一般社団法人やさしいコミュニケーション協会のシンボルマークです。

シンボルマークは、情報を発信するという意味のある”黄色”と情報を受信するという意味のある”オレンジ”を使って、

発信者と受信者がコミュニケーションを通してお互いの思いを伝え理解しあう様子を

色が混ざり合っていくようなグラデーションで表現しています。

バッジに使われている素材は、愛媛県内子町の伝統工芸品である”大洲(おおず)和紙”です。

手作り+和紙で人のぬくもりや優しさを感じられるバッジになりました。

     

シンボルマークデザイン:sayaさん

バッジ・パッケージデザイン:市毛友一郎さん(メルカドデザイン

バッジ作成:とおん舎さん